スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.04.07 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

もしよろしかったら…

 4月、例年なら桜も見頃な時期ですが、今日の京都は寒いっ!

オーナー森田と打ち合わせに追われる今日この頃の森田農園です。




クロワッサン、ほんとうの京都に森田農園すぐきが掲載されています。

京都の見どころ満載の雑誌です。

もしよろしかったら、お買い求めください!



ここ見てみぃ〜って、ニッヒッヒ〜の森田でした。


お世話になっています!

 3月の畑は夏野菜の準備が始まり、収穫できるものもわずかで閑散としているのですが、

そんな収穫できるものの少ない畑を苦心して廻っていらしたのが

あぜくらの吉村シェフです。



で、思い立ったが吉日と翌日ランチにあぜくらさんにお邪魔してきました。

お店の情報はこちら→ http://www.azekurakankou.co.jp/ristorante/



畑の野菜がドレスアップして見事なイタリアンに変身して出てきました。

写真にちらっと写る手作りのパンも奥深い味わいで、今度は是非ワインが飲めるように段取りして来よう〜!!って、思ったのでした。


いつもありがとうございます!

 先日友人たちと食事に行こうということになって、

友人が連れて行ってくれたのは、たまたま森田農園のお野菜を使っていただいているリストランテ カポディモンテでした。

HPはこちら→ http://www.lst.jp/capodimonte/index.html





友人のお気に入りのレストランで、その日のランチタイムは空席がないほどの人気でした。



写真左が友人一押しのピザです。

何がどう違うって、とにかく軽いんです。

2枚くらいペロリと食べれてしまいそうです。

いつも森田農園を御贔屓にしていただいてありがとうございます!

3月 畑の様子

 おいでやすのおばあちゃんのところを覗いてみたら…



ドカ〜ンとイチゴがありました。

おばあちゃんが”むちゃくちゃ甘いから食べてみ〜”って、言うので食べてみたら

もう〜びっくり!!

砂糖でもまぶしてあるのかと思うくらい甘〜い!!




オーナーに、むちゃくちゃ甘いね!って、言ったら…

”水分調整でどないでもなんねん”って、そっけないこと。

いまやイチゴの甘さはテクニックで調整できるんですね〜

知らなかった…

今月のお料理

 取材で扱ったお料理のレシピは著作権が以降したりしてご紹介出来ないこともあるのですが、

今回マルコメみそ様の液味噌のご紹介で作った”九条ネギの味噌炒め丼”は、

スポンサーのご厚意によりご紹介できることになりました。

あっという間に出来上がって九条ネギもド〜ンと食べられるお料理です。

冬場の九条ねぎのおいしい季節に是非お試しください!



九条ネギと豚の味噌炒め丼

     

材料     4人分

九条ネギ        2束

豚肉薄切り       250g

しょうが(みじん切り) 大さじ1

にんにく(みじん切り) 1/2片分

豆板醤         小さじ1/2〜1

(豚肉の下味)

塩、こしょう、砂糖   少々

片栗粉         大さじ1

酒           大さじ2

(味付けの材料)

液味噌         大さじ3

酒           大さじ3

 

ご飯          4杯分

塩、こしょう      少々

サラダ油        適量

 

作り方

1.豚肉は一口大に切り、ボールに入れて下味の材料をもみ込んでしばらくおく。

2.九条ネギは3cmほどのざく切りにする。

3.フライパンにサラダ油を適量入れて、熱して2の九条ネギを加えてざっくり炒めて塩コショウで軽く味付けして取り出しておく。

4.3のフライパンをさっと拭いて、サラダ油適量、にんにく、しょうがのみじん切りを入れ弱火にかける。香りがしてきたら豆板醤を加えて軽く炒め、1の豚肉を加えて焼きつけるように炒める。豚肉の色が変わってきたら液味噌、酒を加えて味付けをする。

5.温かいご飯に3の九条ネギを盛り付けて、その上に4の豚肉をのせて仕上げる。

 

Check


カテゴリ

月別アーカイブ

最近のエントリー

リンク

プロフィール

サイト内検索

モバイル

qrcode

sponsored links

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM